Help:ページの削除

Deutsch · Ελληνικά · English · Español · Français セキュリティー上の理由から、利用者は自分でページを削除することができません。ページを削除する必要があるときには、下に書かれたようにして削除を依頼することができます。削除を依頼しないで白紙ページにすることはやめてください。白紙ページは存在するものとして取り扱われ、サーチエンジンなどにインデックスされたままになるからです。

ページを削除すべきとき、すべきでないとき

原則として、「A」のページの内容を別の「B」のページに移した場合には、「A」のページは削除してはなりません。しかし、その代わりに、ページ「B」へのリダイレクトにします。それは、他のサイトから「A」のページにリンクしていることがあるかも知れないからです。もし「A」を削除したら、リンクも切れてしまいます。

このルールの例外は:

  • 「A」のページが最近作成されたばかりで、このページへのリンクがありそうになければ、削除してかまいません。もしこのページが数日間存在していたのなら、削除してはなりません。
  • 他のサイトからリンクされていそうにないようなページ、たとえばHelp:名前空間のページは、IMSLP内部でしか使われないと思われるので、削除してかまいません。

他方では、ページの内容がもう利用可能でないとき (たとえば、著作権の問題のために) または、最初からページの内容がないようなとき (たとえば空の作曲家ページや作品ページ)、ページは削除されるべきです。IMSLPに空のページは不要です。

削除依頼

削除したいページを編集して、

{{Delete|理由}}

をページの最初に追加するだけです。「理由」の部分は実際の理由に書き換えてください。ページを保存したら、ページの最初にこの削除依頼の箱が表示されていることを確認してください。

管理者が依頼を確認して、適当であればページを削除します。